記事大宜味村立大宜味中学校 閉校のイメージ画像

大宜味村立大宜味中学校 閉校

  • 文化・教育施設

大宜味村立大宜味中学校(沖縄県大宜味村字津波95)は沖縄県大宜味村の海岸沿いの国道に面しています。さわやかな海風を感じつつも、背後の小さな山に守られるかのような立地。付近の海岸は、国土交通省の海岸保全区域にも指定されるほど美しい景観を誇ります。旧津波小学校から塩屋湾にある宮城橋までの区域は、海辺にモクマオウやアダンが茂り古きよき沖縄の海岸の景観が残されている貴重な海岸です。旧大宜味中学校はその海岸から少しはいった小高い丘に佇む美しい学び舎でした。

大宜味村の学校の再編計画にもとづいて閉校が決定し、新設の校舎に学校機能は移転しました。 36年間の歴史の閉幕です。この美しい学校生活の思い出は永遠に卒業生の心に記憶されることでしょう。

(2016年9月執筆)

 

校庭から海を望みます。

 

36年間に渡り、生徒の成長をみとどけてくれた校章です。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:沖縄県那覇市在住T様

 

追記:当校の跡地に観光拠点施設「やんばるの森ビジターセンター」が開設されます。2020年2月22日のオープンのようです。こちらもぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?(2020年1月追記)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す