稲敷市立阿波小学校 閉校

  • 文化・教育施設

稲敷市立阿波小学校(茨城県稲敷市阿波1240)は、かつて茨城県にあった小学校です。同校の歴史の始まりは、1875年に無量院を校舎として開校したことにさかのぼります。

長い歴史と伝統のある同校は、地域から愛されてきた小学校でもありました。地区の人々や保護者を招いて行われる「ふれあい祭」では、すべての学年で「あんば囃子」の芸座や踊りを披露していました。このあんば囃子は、運動会や市の文化祭などでも披露されていた自慢の踊り。この日に備えて子どもたちは日々練習を重ねていたそうです。

残念ながら阿波小学校は2021年3月31日に145年の歴史に幕を下ろしました。閉校後は子供たちは新しい校舎で学んでいるため阿波小学校の校舎は使用されていないようですが、同校にゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと在りし日の記憶が呼び起こされるはずです。

(2021年7月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す