Final 1982年3月31日 記事石狩町立五の沢小学校 閉校のイメージ画像 History 72年

石狩町立五の沢小学校 閉校

  • 文化・教育施設

石狩町立五の沢小学校(北海道石狩市八幡町)は、かつて北海道にあった小学校です。同校が開校したのは明治時代の1910年1月11日のこととされています。

同校の校舎は1904年に建てられた旧来礼尋常小学校の校舎を移築して建てられたもの。緑色の屋根を持つ美しい木造平屋建ての校舎が印象的な学校でした。その後1962年には八の沢小学校を統合しています。しかし五の沢小学校は1982年3月31日に閉校し、72年の歴史に幕を下ろしました。閉校後、その美しい校舎はしばらく石狩市の施設として使用されていたこともありましたが、残念ながら2009年7月に解体されました。校舎を見ることはもう叶いませんが、正門と石碑は残されていますので、同校にゆかりのある方はぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年6月執筆)

 

石狩町立五の沢小学校

卒業生、先生、地域住民など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

PHOTO:CRENTEAR

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す