オリオンプラザ 閉館/取壊

  • 商業施設
  • 建物・施設

福岡県北九州市八幡西区の折尾駅前地区再開発ビル「オリオンプラザ」(福岡県北九州市八幡西区北鷹見町13-10)が2020年4月28日をもってその歴史の幕を下ろしました。

当施設の開業は1980年。北九州の玄関口としてのテナントビルとしての期待を背負ってのオープンでした。地上5階建、敷地面積は約2,140㎡、延床面積は7,210㎡を誇る大型ビルです。好景気に沸く時代の波にも乗り、その後に開業した総合スーパー「丸和折尾店」「オリオンプラザ第2ビル」とともに長きに渡り、折尾駅前の商業の中核ビルとしての役割を果たしました。その後時代は変遷し、西鉄北九州線の廃止(2000年)・第2ビルの解体・丸和撤退など寂しいニュースが続きます。そしてついに「オリオンプラザ」もその歴史の幕を下ろします。

「今思えばここは古きよき昭和テイストあふれるビルでした。学生時代からここによく足を運んだものです。大人になってからは堀川運河沿いの飲み屋街にゆく前にふらっと足を運んだり・・。数多くの思い出をありがとうという気持ちです。」当地出身の男性の言葉です。地域と共に歩んだ歴史は消え失せるものではありません。ゆかりのある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。古き良き記憶が蘇るかもしれません。

(2021年5月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す