Final 1970年12月31日 記事岩見沢市立孫別小学校 閉校のイメージ画像 History 65年

岩見沢市立孫別小学校 閉校

  • 文化・教育施設

岩見沢市立孫別小学校(北海道岩見沢市東山町72)は、かつて北海道にあった小学校です。同校の歴史の始まりは明治時代の1905年。周辺にはあまり建物はなく、緑が多いエリアで現在の道央自動車道のそばに位置しており、近隣にはゴルフ場や環境クリーンプラザなどがあります。

この孫別小学校は1970年12月31日に閉校し、65年の歴史に幕を下ろしています。校舎はすでに取り壊されており、学校の跡地と門柱、そして「孫別小学校跡」と書かれた碑のみが残されている状態で、その敷地は現在公園として利用されているようです。

もし孫別小学校にご興味のある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。小さな学び舎の美しい営みを感じ取れるかもしれません。

(2021年11月執筆)

 

孫別小学校

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

孫別小学校

草木に隠れますが確かに学校の門柱が存在します。

 

孫別小学校

地域の学び舎を守り抜いた先人達の強い想いを引き継ぎたいものです。

PHOTO:CRENTEAR

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す