姫路市文化センター 閉館/取壊

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

2021年12月28日をもって姫路市文化センター(兵庫県姫路市西延末426番地1)が閉館します。現在、手柄中央公園内の姫路市文化センターはJR姫路駅の東方に移転し、現在の建物は取壊される計画のようです。

姫路市文化センターの開業は1972年。「文化不毛の地ともいわれる汚名の返上」(建設趣意より:1969年)をスローガンにして整備されたことを起源とします。開館以降「文華の殿堂」の名にふさわしく姫路市を代表する文化施設となっており、見事にその創立趣旨を果たした施設と言えそうです。

「この施設には数えきれないくらいの多くの思い出をいただきました。幼少時代の小さな催し物から大人になっての超一流のオペラまで。幾多となく足を運んだ施設です。半世紀が経過したということでもう引退の時期なのでしょうか。でも正直寂しいです。まだまだご活躍できると思っているもので。私の人生を彩ってくれた素敵な施設でした。いままでありがとう!」姫路市内在住男性の言葉です。

多くの方の大切な思い出を詰め込んで当館はその歴史の幕を下ろします。思い出をお持ちの方は最後に一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか?きっと最後のお別れの機会となることでしょう。

(2021年11月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す