Final 2011年3月31日 記事木古内町立鶴岡小学校 閉校のイメージ画像 History 122年

木古内町立鶴岡小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

木古内町立鶴岡小学校(北海道上磯郡木古内町鶴岡74-1)がその歴史の幕を下ろしたのは2011年3月末のことです。当校の創立は1889年にまで遡りますので、122年の堂々たる歴史の閉幕でした。

のどかな農業地帯に周囲を囲まれ、かつての渡島鶴岡駅近くに静かに同校は静かに佇みます。山形県鶴岡市から移住してきた人たちが開拓した歴史を有することで「鶴岡」という地名がついております。

現在では入館料無料の郷土資料館として活躍しているかつての学び舎。近くにある禅燈寺では敷地内に江差線(廃線)の線路が布設されており、境内を列車が通過するという希少な光景を楽しむこともできました。ご興味のある方はこの場所に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年9月執筆)

 

木古内町立鶴岡小学校

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

木古内町立鶴岡小学校

確かにここに学び舎が存在した。その証です。

 

木古内町立鶴岡小学校

地域の学び舎を守り抜いた先人達の強い想いを引き継ぎたいものです。

PHOTO:poteto089aaa

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す