Final 2013年3月31日 記事甘楽町立秋畑小学校 閉校のイメージ画像 History 139年

甘楽町立秋畑小学校 閉校

  • 文化・教育施設

甘楽町立秋畑小学校(群馬県甘楽町大字秋畑1553-1)が、その歴史に幕を下ろしたのは2013年(平成25年)3月末のことでした。当校の起源は、1874年(明治7年)開校の秋畑学校に遡りますので、実に139年の長きに渡ってこの地の子供たちの学びを支えてきた学び舎でした。

当校では1927年に建設された2階建ての校舎を長く使用していましたので思い出をお持ちの方も多いことでしょう。その後、1979年には新校舎が建設されました。昭和期前半の最盛期には600名を超える児童が学んでいた当校ですが、閉校前には6学年合わせて20人程度という小規模校となり、ついに小幡小学校へ統合されることとなりました。

子供たちが通わなくなった後も、地域の人たちの当校への愛着は廃れることなく、閉校の翌年には旧校庭に記念モニュメントが設置されました。当時の門柱をメインに据えたこのモニュメントは、材料集めや建設作業にいたるまで卒業生や元教職員、地域の人々が協力して作り上げたのだそうです。

ご興味を持った方はこの地を訪れてみてはいかがでしょうか。山あいの集落に紡がれてきた学びの営みに思いを馳せてみるのも、味わい深い時間になりそうです。

(2021年12月執筆)

 

秋畑小学校

確かにここに学び舎が存在した。その証です。

 

秋畑小学校

地域の学び舎を守り抜いた先人達の強い想いを引き継ぎたいものです。

PHOTO: 廃校5000  様

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す