奥州市立江刺南中学校 閉校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、奥州市立江刺南中学校(岩手県奥州市江刺藤里字外ノ沢875)が閉校しました。

1978年に藤里中学校と伊手中学校が統合して江刺市立江刺南中学校が開校。ここが当校の創立起源となります。田畑が広がる平野を望む高台に位置する同校は、生徒数46名の小規模校。少人数のため一人何役もこなす環境にあり生徒はみなたくましく、自主性を養いながらのびのびとした学校生活を送っていたそうです。また、創立当初から伝統芸能「浅井神楽」。地元の保存会から指導を受けながら長年継承に尽力し、体育祭では毎年多くの人々の前で演舞を披露していたとのことです。

44年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に閉校。統合校の奥州市立江刺第一中学校へと統合となり、当校は独立校としての歴史に幕を下ろしました。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2022年5月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す