記事赤山地下壕のイメージ画像

赤山地下壕

  • 建物・施設

千葉県館山市にある赤山地下壕は、太平洋戦争中に旧日本海軍によって建設された全長約1.6キロメートル、総面積約1万平方メートルの巨大な地下施設です。司令室、兵舎、病院、発電施設など当時の最新設備を備え、館山海軍航空隊の拠点として重要な役割を果たしました。

建設は1942年頃から始まり、強制連行された人々を含む多くの人々が動員されました。劣悪な環境での作業は多く犠牲者を生み、戦争の悲惨さを象徴する場所となりました。終戦まで実際に使用された赤山地下壕には、当時の生活用品や医療器具などが残されています。

ご興味のある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。迷路のような地下空間を歩けば、戦争の恐怖と人々の苦難、そしてきっと平和にありがたみを感じ取ることができることでしょう。

(2024年3月執筆)

PHOTO:写真AC

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す