記事栗子隧道のイメージ画像

栗子隧道

  • 建物・施設

山形県と福島県を結ぶ栗子峠には、現在までに3つのトンネルが存在します。これらのトンネルは、時代とともに進化を続け、東北地方の発展に大きく貢献してきました。

1881年に竣工した初代栗子山隧道は、当時としては画期的な技術で開削された全長約864メートルのトンネルです。山形から首都東京を連結する、より本格的な交通路を建造するためのものでした。この隧道は、東北地方の物流を安定させ、地域の産業復興に大きく貢献しました。

自動車交通の増加に対応するため、1933年に建設された二代栗子隧道は、初代隧道よりも幅員が広く、自動車の通行が可能になりました。この隧道は、人々の移動をよりスムーズにし、経済発展を促進しました。

さらなる交通量の増加と安全性の向上に対応するため、1966年に建設された三代目栗子ハイウェイは、現在の国道13号の一部です。栗子峠のトンネルは、時代に合わせて進化を続けてきました。東北地方の歴史と発展を語る上で欠かせない存在と言えそうです。ご興味のある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。

PHOTO:PIXTA

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す