宮古島市立福嶺中学校 閉校

  • 文化・教育施設

1949年、宮古島市城辺の南東部地域を校区とした宮古島市立福嶺中学校(沖縄県宮古島市城辺字新城634)が創立されました。生徒数の減少が著しく、集団への適応性などを求める保護者たちから、隣接する学校へ転校を求める嘆願書が教育委員会へ提出されていました。2016年4月からは、福嶺中学で新学年を迎える全校生徒7人が、宮古島市内の別の中学校への学校変更を申請し受理されたため、同4月から休校の状態にあります。事実上最後の卒業生徒となった7名は、教師、父母そして地域住民たちに見守られる中で卒業し、地域の人々も地区の中心となる学校が休校となることへの寂しさを募らせていました。

今後は2021年3月で廃校となり、宮古島の城辺地区4中学を1校へ統合し、新たな宮古島市立城東中学校が開校予定です。68年もの間、多くの子どもたちを見守ってきた福嶺中学校にゆかりがある方は、ぜひ今のうちに足を運んで、当時の記憶を思い返してみてはいかがでしょうか。(2019年3月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す