群馬県立吾妻高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

再編による統合のために、群馬県立吾妻高等学校(群馬県吾妻郡東吾妻町原町192)が2018年3月31日をもって99年の長い歴史に幕を下ろしました。1919年4月に吾妻郡立実科高等女学校として開校された同校は歴史と伝統ある女子校として、多くの活躍する女性たちを輩出してきました。毎年4月の新学期には暮坂強歩大会が開催され気力と体力を養うと共に、友人達との思い出作りに一役かっていたものでした。また年明けには百人一首大会が開かれ,熱い優勝争いを繰り広げられることが恒例となっていました。この他にも水無月祭や吾高祭、合唱コンクールに予餞会にスキー教室と同校には年間を通して多くの行事があり、長年の間生徒達にとっての充実した学び舎であり続けました。2018年4月からは統合により群馬県立吾妻中央高等学校と名を変え新たなスタートを切っていますが、これを機に当時の思い出話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。(2019年4月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す