つくば市立北条小学校 閉校

  • 文化・教育施設

つくば市立北条小学校(茨城県つくば市北条1077)は、1874年、お寺を校舎にして創立された小学校です。江戸時代に作られた「つくば道」からほど近い、自然豊かで風光明媚な北条の街の子どもたちを144年間育んできた同校。街並みの美しい自然もさることながら、春になると同校に咲き乱れる桜の花もとても見応えがあり好評でした。また校庭の隣には国登録有形文化財である「旧矢中邸」があり、児童たちが交代で矢中邸の清掃を担当。小さいうちから貴重な文化財に触れ、子どもたちが歴史ある北条の街の未来の人材として育っていくのは自然なことでした。歴史ある同校が廃校になったのは2018年3月。子どもたちのいなくなった校庭には、今でも名物の桜が美しく咲き誇っているといいます。桜の時期にはぜひ同校を訪れて、桜とともに懐かしの校舎や校庭を眺めてみるのもいいかもしれません。(2019年5月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す