記事町田市立博物館 閉館のイメージ画像

町田市立博物館 閉館

  • 文化・教育施設

1973年11月に町田市郷土資料館として開館した町田市立博物館(東京都町田市本町田3562)が、2019年6月16日で閉館されることとなりました。常設展示は無いものの、ユニークな企画展示を開催してきた歴史があり、惜しまれながらの閉館となります。45年の歴史がある小さな博物館ですが、静かに美術品を鑑賞できる場所としても知られており、貴重な収蔵品は町田市立芹ヶ谷公園内に2024年に開館予定の美術館に移される計画です。ヨーロッパ、中国、国内と広くから集められたガラス器の収蔵数は1万点以上もあり、現在開催中の最後の企画展「工芸美術の名品」で、美しい工芸美術の名品を見ることができます。博物館コレクションの名品や初公開のものも。閉館に近づくにつれ入館料無料となる期間もあるそうです。この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。(2019年5月執筆)

 

沢山の思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

幾何学的に美しい屋根と煙突です。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:ニングル

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事