神奈川県立相模原青陵高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

2020年3月末をもって、神奈川県立相模原青陵高等学校(神奈川県相模原市南区新磯野468)が閉校しました。

2010年に新磯高等学校と相武台高等学校と統合再編し創立しました。「超え出ることの真理」をモットーに掲げる同校は特色ある科目が充実。「パフォーミングアーツ」や「ダンスアンサンブル」をはじめ、「環境フィールドワーク」などの多種多様な授業を学ぶことができたようです。そんな表現活動の多い同校の体育祭や文化祭は毎年賑わいを見せ、参加する生徒はみんなで協力する大切さを知る楽しいイベントとなっていました。

10年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2020年に閉校し、その歴史は新設の統合校の神奈川県立相模原弥栄高等学校に引き継がれました。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年12月執筆)

 

VIDEO : kyoshisugita 様

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事