Final 2011年3月31日 記事真庭市立上田小学校 休校のイメージ画像 History 136年

真庭市立上田小学校 休校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

真庭市立上田小学校(岡山県真庭市田原山上2138)がその歴史に幕を下ろしたのは2011年3月末のこと。当校の起源は1885年にまで遡ります。落合修成小学校の支校として創立され、しばらくは普門寺様の客殿を教室として利用していたようです。

現在も姿を残す綺麗な校舎が建設されたのは1994年。2011年の休校まで地域の子供達を守り続けました。そして現在は宿泊施設として活用されております。

当校の佇む場所は真庭市の南部で標高の高い地域で山林がかなりの面積を占めますが、畑もところどころに点在します。特に「花の山寺・普門寺」は人気スポット。「花の山寺春まつり」「花の山寺あじさい祭り」「花の山寺秋の桜と紅葉祭り」などが催され、通年に渡り訪れる人々を楽しませてくれます。

ご興味のある方はこの場所に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと校庭を駆け巡る子供達の元気な歓声が聞こえてくることでしょう。

(2021年5月執筆)

 

長年に渡り地域の子供達の登下校を見守り続けました。

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

卒業生、先生、地域住民など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

PHOTO:くろうさぎ様 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す