Final 2012年3月31日 記事上ノ国町小砂子小学校 閉校のイメージ画像 History 127年

上ノ国町小砂子小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

上ノ国町小砂子小学校(北海道檜山郡上ノ国町小砂子164)は、かつて北海道檜山郡上ノ国町に存在した小学校です。同校の創立は1884年で小砂子尋常小学校として開校でした。以降閉校至るまで127年間に渡り、地域の大切な学び舎としてその歴史を刻みました。最盛期には63人の生徒が在籍した時代もありました。卒業生総数667名に及ぶ子供達がここを巣立ち、現在では多方面で活躍されているそうです。

当校がたたずむ地域は漁業が盛んであった場所。漁業に従事される親御様の子供達が数多く通っていたそうです。同校にゆかりのある方は、一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。海沿いの学び舎の美しい営みを感じ取れることでしょう。

(2021年9月執筆)

 

上ノ国町小砂子小学校

長きに渡り子供たちの登下校を見守り続けてくれました。

 

上ノ国町小砂子小学校

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

上ノ国町小砂子小学校

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

PHOTO:poteto089aaa

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す