Final 2022年3月31日 記事倉敷市立琴浦北小学校 休校のイメージ画像 History 149年

倉敷市立琴浦北小学校 休校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、倉敷市立琴浦北小学校(岡山県倉敷市児島由加3068)が休校します。

1873年に漸磨小学校として開校。ここが当校の創立起源となります。由加山の中腹にある自然に恵まれた場所に位置する同校は、児童数4名の小規模校。少人数のよさを生かしたアットホームな環境でしかできない活動が充実しており、子どもたちはのびのびとした学校生活を送っています。また、同校の特色として給食の時には備前焼の食器を使用するなど、地域に根付いた学校として愛されているとのことです。

また校庭の端にある「ちごの池」。「昔、鬼の面を被った稚児が京の都で夜な夜な乱暴狼藉を働いていました。これを捕まえてこの地に流しましたが、ここでも同じように鬼の面を被って乱暴狼藉を働きました。都から討伐に遣わされた高僧により退治され、手厚く葬られました。」ちごの池は、この地で鬼の面を被った稚児が己が姿を映していた池だそうです。

149年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に休校。一旦学び舎としての歴史に幕を下ろします。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2022年2月執筆)

 

倉敷市立琴浦北小学校

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

倉敷市立琴浦北小学校

伝説が言い伝えられている「ちごの池」です。

 

倉敷市立琴浦北小学校

この場所に元気な子供達の歓声が再び響き渡る光景を期待したいものです。

PHOTO:くろうさぎ様

 

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す