記事淡路市立釜口小学校 閉校のイメージ画像

淡路市立釜口小学校 閉校

  • 文化・教育施設

淡路市立釜口小学校(兵庫県淡路市釜口1326番地)が142年間の堂々たる歴史を閉じます。当校は淡路島の北東部に位置し、校舎からは大阪湾を眺めることが出来ます。山も近く、四季折々の自然を楽しめる恵まれた環境です。少人数の特徴を活かした学年交流で絆を大切にしていた学校です。創立は1874年(明治7年)。創立後町村合併等の影響を受け、幾度が改称され淡路市立釜口小学校となりました。少人数の生徒数を活かした蜜な学年交流を行い、また保護者や地域の人々とのふれあいを大切にした行事を数多く催していました。

残念ながら地域の若年層の人口現象の影響を受け、独立の学校としては閉校。142年間の堂々たる歴史の閉幕です。その後、2018年4月1日に全校生徒約300名の淡路市立学習小学校と合併されます。同校卒業の方・思い出がある方は、是非旧友の再会も兼ねて訪れてみてはいかがでしょうか。

(2017年12月執筆)

 

これは中庭でしょうか。

 

左の柱にはかつての学校の校札の痕跡が見えます。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す