記事足摺海洋館 解体のイメージ画像

足摺海洋館 解体

  • 娯楽施設
  • 建物・施設

足摺海洋館(高知県土佐清水市三崎4032)が開館したのは、1975年5月2日です。「土佐の海と黒潮の魚たち」がメインテーマとして掲げられました。付近の魚類や無脊椎動物などの展示を行っています。累計で約300万人に迫る人々の来館があるようですが、開館から約40年が経過し、近年は施設の老朽化が目立ってきているようです。残念ながら現在の館は解体されることになりました。このたびの建替えは耐震基準を十分に満たす施設を建設し、地域の観光の目玉として、また老若男女の学習の場として維持してゆこうとする姿勢によるものと考えられます。2020年頃の新施設開館が予定されているようです。(2018年8月執筆)

PHOTO:高知県在住のN様

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す