Final 2021年3月31日 記事日高本線 浦河駅 廃駅のイメージ画像 History 86年

日高本線 浦河駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道日高本線の浦河駅(北海道浦河郡浦河町昌平町駅通)が85年の歴史に幕を下ろす可能性が高まっています。浦河町の中心部に位置する当駅は1935年に開業した駅で、役場や警察署など行政機関へもアクセスしやすい位置にあります。無人駅が多い日高本線ですが、浦河駅はJRの社員が配置されている駅でもあり、窓口が営業しています。そのため駅車内はきれいに整えられ、観光パンフレットなども手に入れることができます。

現在は日高本線の一部区間が運休していることにより代行のバスが運行している状態。高波による大きな被害を受けたことが運休となってしまった理由ですが、費用が莫大となってしまうことが理由で運休中の区間の復旧を断念した、とJR北海道より発表がありました2020年を目処にこの区間は廃止となる予定ですので、浦河駅も同じタイミングで鉄道の駅としての役割を終えることになりそうです。85年の歴史を持つ浦河駅に、ぜひいちど訪れてみてはいかがでしょうか。

(2018年11月執筆)

 

思い出が沢山つまった景色です。

 

この美しいプラットホームに電車がやってくる光景は見れないのかもしれません。

 

長い間本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 

PHOTO:PIXTA

追記・・日高線の一部区間のバス転換が正式決定しました。2021年の3月をもって当駅は廃駅となります。(2020年8月)

 

 

VIDEO : 北海道ファンマガジン 様

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す