Final 2016年3月24日 記事函館本線 鷲ノ巣駅 廃駅のイメージ画像 History 71年

函館本線 鷲ノ巣駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

北海道二海郡八雲町にある鷲ノ巣駅(北海道二海郡八雲町花浦)が、2016年3月25日に廃駅となり、71年の歴史にピリオドを打ちました。

同駅は1944年に開業、函館市と旭川市を結ぶJR北海道函館本線の函館駅と長万部駅の間にありました。開業当初は信号場で、その後仮乗降場、信号場、駅、と役割を変えながら多くの電車を迎え入れてきました。周辺は草木が生い茂り、民家は少なく閑静な場所です。同駅には駅舎はなく、ホームに待合所がありました。この待合所はトイレが付いており、椅子だけではなく、毛布や座布団、トイレットペーパー、雑誌、目覚まし時計、折り畳み傘などが用意されていて、生活感が漂う空間となっていました。駅の利用者への優しさが感じられる心温まる待合所でした。

利用者の減少により同駅は廃駅になりましたが、今後は元の姿である信号場として、再び多くの電車を迎え入れることになります。

(2018年11月執筆)

 

まるで家のような駅舎です。実際にのんびりとできる空間であったようです。長い間本当にお疲れ様でした。

 

懐かしい記憶が呼び起こされる方も多いのではないでしょうか。

PHOTO:CRENTEAR

 

VIDEO : 鉄吾郎夢日記 鉄道編 様

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す