記事阿蘇山ロープウェー 阿蘇山西駅/火口西駅 解体のイメージ画像

阿蘇山ロープウェー 阿蘇山西駅/火口西駅 解体

  • 乗り物
  • 建物・施設

阿蘇市で運行する阿蘇山ロープウェーの駅舎(熊本県阿蘇市黒川808-5)と、ロープの支柱が解体・撤去されることになり、60年の歴史に幕を下ろすことになりました。現在は工事中で来春までには撤去を終える計画です。

1958年4月に開業した阿蘇山ロープウェーは、中岳第1火口近くの火口西駅と麓の阿蘇山西駅をつなぐ858mの長さ。毎年40万人から50万人が利用していました。しかし2016年4月に起きた熊本地震で、阿蘇山ロープウェーの阿蘇山西駅、火口西駅と、駅舎間にある4本の支柱にヒビが入ってしまいました。阿蘇山ロープウェーは阿蘇の風物詩。のどかな風景の象徴でしたが、2016年の熊本地震の爪痕は大きく、またひとつ阿蘇山から貴重な思い出が消えて行きます。今の阿蘇山をもう一度見ておきたい方は、ぜひ阿蘇山を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2018年11月執筆)

 

晴天の時には素晴らしい青空が広がります。

 

この鉄柱も解体されるようです。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

追記:2019年12月、正式に阿蘇山ロープウェイの廃止が決定したようです。61年の堂々たる歴史の閉幕です。

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す