京都市立醒泉(せいせん)小学校 閉校

  • 文化・教育施設

京都市下京区にある京都市立醒泉小学校(京都府京都市下京区醒ヶ井通松原下る篠屋町59)が、2017年3月末に閉校しました。同校は、1869年に下京区五條堀川のすぐ近くに創設された148年の歴史がある伝統校。改称や改築が繰り返され、一見長い歴史を感じさせない校舎になっていますが、校庭にある樹齢100年を超えるイチョウの木や、校舎内におけるタイル張りの階段や真鍮製の手すりなど、ところどころに昭和レトロな趣を残します。同校では、長く音楽に力を入れてきたということで、閉校前の式典では、在校生だけでなく卒業生やPTAによる合唱や醒泉太鼓の演奏など賑やかに執り行われたようです。残念ながら少子化により4月からは淳風(じゅんぷう)小学校と統合し、仮校舎にて下京雅小学校が開校しました。児童たちを見守り続けた校舎は解体されますが、跡地には新校舎が建設され2020年4月には下京雅小学校として再出発する予定です。ゆかりのある方は、今のうちにもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(2019年3月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す