記事大阪市立南港緑小学校 閉校のイメージ画像

大阪市立南港緑小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1980年に南港ポートタウンに開校した大阪市立南港緑小学校(大阪市住之江区南港中2-7-18)が、学校統合のため2018年3月31日で閉校し、38年の歴史に幕を下ろしました。周囲に公園や海があり、校名に「緑」という文字がつく通り豊かな自然と四季を感じられる環境の中にある学校でした。また正門横には「みかんの木」があり、毎年たわわにみかんを実らせて季節の変化を実感させてくれます。また近隣施設の幼稚園や韓国学校との交流も多く、地域とのつながりも尊重していました。伝統文化クラブという地元の文化を学ぶクラブ活動があるほか、他文化ともふれあい共生していく試みを行っていました。跡地には大阪市初の公設民営学校が建設される予定になっていますが、同校に思い出のある方は、ぜひこの地にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(2019年3月執筆)

 

新一貫校としての歴史が始まっているようです。

 

PHOTO:LOCO様/PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す