記事熊本電鉄 200形電車 運行終了のイメージ画像

熊本電鉄 200形電車 運行終了

  • 乗り物

1969年に南海電鉄で製造され、熊本電鉄で21年間走行していた200形車両が、2019年7月30日で引退することとなり、その歴史に幕を下ろすことになりました。

南海電鉄から場所を移し、1998年から熊本電鉄で営業運転をしてきました。車両の扉位置など改良されましたが、横に長いシートや吊革など昔のままの設備も見られます。ワンマン電車で乗る時に整理券をとるスタイルで、車両内には製造当時の面影をみつけることもできます。7月には引退記念イベントが行われる予定もあり、記念乗車券なども発売されています。ライトブルーとブルーの間にオレンジの帯を配した伝統のくまでんカラーが残る唯一の車両です。間もない引退までにもう一度雄姿を見に行ってはいかがでしょうか。

(2019年6月執筆)

 

 

沿線の景色を彩った美しい車両でした。

 

長い間お疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す