大分県立国東高等学校双国校 閉校か

  • 文化・教育施設

1948年に高田高等学校と国東高等学校の分校として開校した大分県立国東高等学校双国校(大分県国東市国見町中1350番地)が、廃校の危機にあります。1963年には分校が統合されて双国高等学校に。2008年には国東高と国東農業高を統合して国東高等学校双国校となりました。生徒数が定員に達しておらず廃校とすることも検討されましたが、総合選択制高校として存続しています。姫島からフェリーを使って通学する生徒も多く、双国校が廃校となってしまうと下宿か寮生活での高校進学をせざるを得ない生徒もでるという状況があります。現在、双国校には総合ビジネス科のみで継続しています。校舎はそのまま使われているので、フェリー乗り場からの道を歩き懐かしい青春を思い出してみてはいかがでしょう。(2019年6月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す