北海道小清水高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

市街地を望む高台にある小清水高等学校(北海道斜里郡小清水町南町2丁目29番)が、2018年3月末をもって閉校しました。

同校は1950年に創立した、全校生徒13人が在籍した公立高校。少人数だったことから先生と生徒の距離が近く、何でも気軽に相談できる環境でした。また、通常授業の後には進学者に対する特別授業が設けられており、高い進学実績を誇っていたことで卒業生からの評価も高かったようです。

しかし、生徒数の減少により長年の歴史に幕を下ろすことに。充実した学生生活を送ってきた場所がなくなってしまうのは寂しいとの声もありましたが、生徒達の心の中に母校はいつまでも存在し続けることでしょう。もし、この場所にゆかりのある方はもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2019年7月執筆)

 

VIDEO:itou hinako 様

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す