西条市立浦山小学校 閉校

  • 文化・教育施設

長らく休校の状態が続いていた西条市立浦山小学校(愛媛県西条市黒瀬895-1)が2019年3月末をもって閉校しました。

同校は1909年に黒瀬尋常小学校浦山分教場として開校し、1989年に一度休校した翌年に復校しましたが、2010年4月に再び休校、入学児童を募集していました。しかし台風被害により通学路が分断されたままとなり再開が難しくなったため、惜しまれながらも110年の歴史を終えることになりました。

山々に囲まれ、木々の中にぽつんとたたずむ裏山小学校はは職員室と教室ひとつの小さな学校で、長らく使われていない校庭の遊具がどこか寂しそうです。珍しい炭窯がある学校で、かつては竹炭を近くの農協で販売していました。足を運ぶのは難しい場所に位置しますが、思い出がある方はその姿を再び見に行ってみてはいかがでしょうか。

(2019年11月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事