記事東宝ツインタワービル 閉館のイメージ画像

東宝ツインタワービル 閉館

  • 商業施設
  • 建物・施設

2基の屋上にある広告塔がシンボルマークであった、東宝ツインタワービル(東京都千代田区有楽町一丁目5番2号)が、2019年12月末をもって閉館し、50年の長い歴史に幕を閉じました。

地上9階・地下4階建ての同ビルは、1969年5月に開業した複合ビル。阪急東宝系のオフィスを中心に、東宝ダンスホールやレストラン街・病院などが入居していました。1986年には地下2階と3階にディスコがオープンし、当時は行列ができるほどの賑わいを見せていたそうです。しかし、建物の老朽化が進んだため建て替えに伴って閉館となりました。

この場所を訪れる人からは「長年見慣れた風景がなくなるのは寂しい」との声もありましたが、2023年春にはこれまでのような商業施設とオフィスなどが入った新ビルが完成予定です。もし、同ビルに思い出のある方は、懐かしいあの頃に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

(2020年2月執筆)

PHOTO:i-flower様/PIXTA

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事