青梅赤塚不二夫会館 閉館

  • 建物・施設

「天才バカボン」などで知られる漫画家・赤塚不二夫さんの作品を展示している青梅赤塚不二夫会館(東京都青梅市住江町66)が、2020年3月末をもって建物の老朽化のため閉館します。

商店街活性化のため、空き店舗となっていた外科医院の建物を利用して2003年にオープンした同館。会館入り口にはバカボンのパパをはじめとする赤塚さんの代表的キャラクターのパネルや像が飾られており、訪れるファンを出迎えてくれます。漫画の原画だけではなく、赤塚さんにまつわる写真・映像等の資料や劇中の部屋を再現したセットなどがあり、レトロな建物と相まって昭和の雰囲気を堪能することができる同施設。ファンだけでなく幅広い層が楽しめる施設でした。閉館前に17年の間多くの人から愛された青梅赤塚不二夫会館を、「これでいいのだ!」と思えるほど堪能してみてはいかがでしょうか。

(2020年2月執筆)

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事