京都市立周山中学校 閉校

  • 文化・教育施設

1949年(昭和24年)9月に6つの中学を統合し開校、9,300人以上の卒業生を送り出した周山中学校(京都府京都市右京区京北周山町中山39-4)が2020年3月31日で閉校し、70年の歴史に幕を下ろしました。児童数の減少のため、地域のPTAと自治会を含めた協議で、3つの京北第一・第二・第三小学校と周山中学が合併し京都京北小中学校が開校しています。

同校に通っていた方の中には、体育祭、文化祭、百人一首大会などの年中行事とあわせて、長崎への修学旅行での漁業体験や民泊が思い出になっている卒業生もいるのではないでしょうか。美しい寺院跡が学校のすぐ隣りにあり、校舎へ続くなだらかな坂道に春には花が咲き、冬には雪が積もるようです。子供達は四季を感じられる恵まれた環境の中、登下校していたようです。

花が咲きそろう季節に、懐かしい校舎を訪ねてみてはいかがでしょう。

(2020年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事