南部町立富河小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1873年に創立され、2020年3月末で閉校した富河小学校(山梨県南巨摩郡南部町福士2700-19)。その歴史は古く、1873年当時はお寺に子どもが通っていましたが、その後楮根分校と徳間分校が1964年に統合されることで富河小学校が誕生しました。富河小学校は150年もの長い歴史を持つ学校です。

2020年4月からは万沢小学校と統合されて富沢小学校となり、最後の卒業生は12人。南部町内での合同の芸術鑑賞会や陸上記録会、スキー教室に修学旅行といった行事を思い出す人もいるでしょう。保護者のみならず地域の人たちの支えもあり、学校開放日には多くの方が学校を訪ね、親子での地域清掃活動など盛んでした。

なだらかな山に包まれるように建つ2階建ての校舎と、広々としたグランドを眺めに再訪してみませんか。

(2020年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事