Final 2021年3月12日 記事宗谷本線 紋穂内駅 廃駅のイメージ画像 History 110年

宗谷本線 紋穂内駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道_宗谷本線の紋穂内駅(北海道中川郡美深町字紋穂内)が廃駅となる可能性が高まっています。2020年3月末に宗谷本線活性化推進協議会が、2021年春の当駅の廃止を容認したようです。

1911年に鉄道院の「名寄駅-恩根内駅間」開業と同じタイミングにて一般駅として開設。ここが当駅の歴史の始まりです。そのあと1949年の国鉄への移管、1987年の国鉄分割民営化などを経て、現在に至るまで歴史を繋いできました。

単式ホーム1面1線、車掌車駅舎を持つ地上駅です。名称の由来は諸説ありますが、アイヌ語の小さい川などを意味する「ヌプオナイ」を由来とするという説もあります。周辺はかつて林業が栄え、立派な木造駅舎があり、プラットフォームも2面有していたそうです。時代の変遷とともに産業が廃れ、現在は周辺には民家も存在しないようです。まさに北海道を代表する秘境駅といえる紋穂内駅。110年の堂々たる歴史の閉幕が近づいております。ゆかりのある方もそうでない方も一度現地を訪問されてはいかがでしょうか?きっと歴史の重みを感じ取れることでしょう。

(2020年4月執筆)

 

駅看板のある景色に残された時間は長くありません。

 

北の大地らしい雄大な景色を望みます。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:CRENTEAR

 

追記・・JR北海道は当駅の廃駅を正式に発表しました。2021年春のダイヤ改正をもって当駅は廃止されます。(2020年12月)

 

VIDEO : Rail工房天都 様

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事