氷見市立久目小学校 閉校

  • 文化・教育施設

周囲を畑に囲まれた大きなグラウンドのある、氷見市立久目小学校(富山県氷見市触坂501)が、2020年3月末をもって閉校し30年の歴史に幕を閉じました。

同校は1990年に創立した比較的新しい少人数の小学校。自然豊かな環境にある同校は、毎年7月になると久目地区にある農園でブルーベリー摘みを体験します。生徒たちは年々摘み方が上手になり、高学年になると美味しいブルーベリーを見分けられるまでに成長しました。他にもそば打ち体験やニジマスのつかみどりなど、机上だけでは学べない課外授業に生徒たちも楽しく参加していたようです。

しかし、地域の少子化の影響を受けて義務教育学校「西の杜学園」として周辺校と統合することに。今後は多くの仲間とともに再び新しい歴史が刻まれることになります。もし、同校にゆかりのある方はこの機会に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年5月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す