Final 1990年頃 記事遷喬尋常小学校 旧校舎 移転のイメージ画像 History 116年

遷喬尋常小学校 旧校舎 移転

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

遷喬尋常小学校(岡山県真庭市鍋屋17番1)は1874年8月に開校した学校で、現在は真庭市立遷喬小学校として知られています。その校舎は1907年に竣工し、1990年には116年の歴史を終えて新校舎へ移転しましたが、旧校舎はその優れた意匠から国の重要文化財に指定されており、今も人々を魅了しています。また映画のロケ地としても使用されました。木造2階建てのシンメトリー構造は美しく、2階に位置する講堂の荘厳さに圧倒される方は少なくありません。

現在は公益財団法人がその校舎跡地を管理・運営しており、自由に校舎を見学することができます。明治時代の美しくモダンな建築様式をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

(2020年6月執筆)

 

何年にも渡り沢山の子供たちが通学した正門です。

 

校長室です。格式を感じられます。

 

これからも地域の大切な拠点としてご活躍下さい。

PHOTO:PIXTA

 

とても美しい当校の校舎。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」、NHKの連続テレビ小説「カーネーション」などのロケ地になっております。永久保存版の映像としてお手元に置いてはいかがでしょうか。

 

「ALWAYS 三丁目の夕日」では鈴木一平が通う小学校として登場します。

 

「カーネーション」では小原糸子が通う岸城尋常小学校のシーンの撮影に

教室が使用されました。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事