Final 1988年3月31日 記事八甲田丸 運行終了のイメージ画像 History 24年

八甲田丸 運行終了

  • 乗り物

八甲田丸は、かつて青森と函館を結ぶ「青函連絡船」として1964年に竣工した船です。船内に鉄道車両を搭載できることが大きな特徴だった青函連絡船。人々を運ぶとともに、貨物輸送に使用された貨車や機関車など、多くの鉄道車両を乗せてきました。

八甲田丸の船室の中で最も憧れとされていたのが、赤い大型のシートがゆったりと並べられていたグリーン車。多くの人が北海道と本州を行き来する際にこのグリーン車に乗りたいと思っていたようです。多くの人が利用してきた八甲田丸ですが、青函トンネルの開通とともに1988年3月31日に廃止され、24年の歴史に幕を下ろしました。現在では洋上博物館(青森県青森市柳川1丁目112-15)として運営されていますので、海を渡った懐かしい思い出を振り返りに、一度足を運んでみてはいかがいでしょうか。

(2020年9月執筆)

 

懐かしい記憶が蘇る方も多いのではないでしょうか。

 

長年の大役から解放され、現在は休暇を楽しんでおります。

 

長きに渡りお疲れ様でした。

 

ARTWORK : 棚町宜弘 様 /   PHOTO:takahumikawasaki

 

青函連絡船の交通機能は青函トンネルに引き継がれました。青函トンネルといえばやはりこの映画をはずすことはできません。

この機に昭和の名作をお手元に確保されてはいかがでしょうか。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事