Final 2021年3月31日 記事松本市立博物館 閉館/移転のイメージ画像

松本市立博物館 閉館/移転

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

松本市立博物館(長野県松本市丸の内4-1)が閉館、移転します。

当会館の設立起源は、1906年、当時の松本尋常高等小学校で開館した「明治三十七、八年戦役紀念館」にまでさかのぼります。後に「松本市立博物館」と改称され、1952年に長野県初の博物館法登録施設に。その後、大小様々な歴史を繋ぎ、現在では松本まるごと博物館の中核施設となっております。

「松本城関連の歴史資料、市民から寄贈された民俗資料約が多数、常設展示されています。長野県は教育を重視する県。県民の誇りとなるような施設です。松本城敷地内にあるため、こどもを存分に遊ばせることができることも魅力的です。沢山の思い出を頂きました。長年に渡り、本当にありがとうございました。」長野県在住の2児のお母さんの言葉です。

長年に渡り当館が果たしてきた役割は新しい博物館(2023年開館予定)に引き継がれます。

(2020年12月執筆)

 

当たり前であった景色にも終わりが近づいております。

 

長きに渡りお疲れ様でした。

PHOTO:PIXTA

 

この機会に現地に足を運び、国宝松本城を楽しまれてはいかがでしょうか?

VIDEO : HEXaMediaヘキサメディア 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す