Final 2009年3月31日 記事名護市立嘉陽小学校 閉校のイメージ画像 History 99年

名護市立嘉陽小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

名護市立嘉陽小学校(沖縄県名護市嘉陽41)が閉校したのは、2009年3月末のことです。

創立以来99年間の歴史を誇った当校。卒業生の数は621名。目の前が美しい海という恵まれた環境に抱かれて、生徒はのびのびと成長することができたようです。当校の歴史上特筆すべき点、それは東京オリンピックの聖火が宿泊した施設であるということです。実際に現地にはその史実を記す記念碑も佇みます。

現在は自然環境を学べる施設(美ら島自然学校)として引き続き地域にとって大切な場所となっております。ゆかりのある方もそうでない方もこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年11月執筆)

 

1世紀に及ぶ歴史が刻まれた校章です。

 

確かにここに学び舎が存在した。その証が佇みます。

 

これからも地域の大切な拠点としてご活躍下さい。

PHOTO:KENT

ドラマ「本日も晴れ。異状なし」のロケ地となった登校。ドラマの中では、「那瑠美島小学校/中学校」と名前を変え、ヒロイン・西門うららの勤務先となっております。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

VIDEO : 沖縄ツーリスト 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す