Final 1995年3月31日 記事浦臼町立鶴沼小学校 閉校のイメージ画像 History 100年

浦臼町立鶴沼小学校 閉校

  • 文化・教育施設

浦臼町立鶴沼小学校(浦臼町字キナウスナイ186-26)が閉校したのは1995年のこと。100年の歴史の閉幕となりました。創立起源は1895年、前身となる徳島尋常小学校としての歴史の始まりでした。その後、100年に渡り地域の灯であり続けました。

廃校とは思えないほど綺麗な姿を留める同校。閉校記念碑に記された「つるぬまの子は太陽さ」の文字は鶴沼小学校が地域の人々にとって大切な場所であったことを示します。ご興味のある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。確かな足跡を刻んだ学び舎の息遣いを感じ取れるかもしれません。

(2021年1月執筆)

 

まるで子供たちの元気な声が聞こえてきそうです。

 

長きに渡り地域の子供達を守ってくれました。心より感謝申し上げます。

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す