国東市立熊毛小学校 閉校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、国東市立熊毛小学校(大分県国東市国見町小熊毛62番地2)が閉校します。

1873年に熊毛小学校が創立。その後1991年に小熊毛の山を切り開いて、海と山に囲まれた場所に新校舎が完成しました。現在は30名以下の児童が通う同校。少人数のため給食の時間はランチルームに全校児童が集まり、楽しい時間を過ごしているそうです。また、学校裏は遠浅の海が広がっており、大潮の時は多くの潮干狩り客で賑わいます。子どもたちも授業の一環としてマテ貝堀りを体験し、充実した学校生活を送っているとのことです。

149年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に閉校。その歴史は新設の統合校へと引き継がれます。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年5月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す