東広島市立久芳小学校 閉校

  • 文化・教育施設

東広島市立久芳小学校(広島県東広島市福富町久芳3329番地3)は、かつて広島にあった小学校です。同校の歴史の始まりは、1873年に修道館として開校したこと。その後2005年に現在の名称になりました。

校区は「わにぶちの滝」「高塚城跡」のある上戸野地区に加え、「ホタルの里」づくりを行う久芳東地区、「福富支所」や「県央の森公園」のある久芳西地区の3地域からなる、豊かな自然に恵まれた小学校です。地域の協力を得ながら特色ある教育を行ってきたことが同校の特色といえるでしょう。

しかし残念ながら東広島市立久芳小学校は2021年3月31日に閉校し、惜しまれながら147年の歴史に幕を下ろしました。同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年6月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す