Final 1983年3月31日 記事新十津川町立幌加小学校 閉校のイメージ画像 History 71年

新十津川町立幌加小学校 閉校

  • 文化・教育施設

新十津川町立幌加小学校(北海道樺戸郡新十津川町幌加169-15)は、かつて北海道にあった小学校です。同校が開校したのは1912年のこと。同校が位置していたのは滝川から浜益に向かう途中にある幌加集落の道路沿い。ここに子どもたちが通い、毎日勉学に励んでいたことでしょう。

残念ながら幌加小学校は1983年3月31日に閉校し、71年の歴史に幕を下ろしました。小学校として使われていた校舎はしばらくの間個人宅として使用されていたようでしたが、2013年ごろに解体が行われ、現在は校門と閉校記念碑のみ残されている状態です。この幌加小学校にゆかりのある方は、もう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。この学校に通っていた頃の懐かしい思い出を振り返ることができるはずです。

(2021年8月執筆)

 

新十津川町立幌加小学校

学び舎を守り抜いた地域の先人たちの功績を忘れないようにしたいものです。

PHOTO:CRENTEAR

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す