Final 2011年3月31日 記事神石高原町立二幸小学校 閉校のイメージ画像 History 50年

神石高原町立二幸小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

神石高原町立二幸小学校(広島県神石郡神石高原町田頭甲20)が閉校したのは2011年3月末のこと。地域に愛された堂々たる50年の歴史の閉幕でした。

1961年に神石町立田頭小学校と三和町立木津和小学校を統合し神石町・三和町学校組合立二幸小学校が誕生。ここが当校の創立起源となります。

学校は豊かな自然に囲まれていますが特筆すべきは近くにある幻の鍾乳洞。南アフリカとここだけにしかない鍾乳石「カルサイトテーブル」が存在することで知られます。

また地元の記録を絵本に残そうと取材に取りかかり、絵本作家様に作成指導を得て地元を舞台にした夢絵本を完成させた当校の生徒達。地域の誇りであるそうです。ご興味のある方はこの場所に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。小さな学び舎の美しい歴史を感じとった後は、幻の鍾乳洞に足を運んでみるのも良いかもしれません。

(2021年9月執筆)

 

神石高原町立二幸小学校

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

神石高原町立二幸小学校

校庭に元気な子供達の歓声が再び響き渡る光景を期待したいものです。

 

神石高原町立二幸小学校

卒業生・先生・地域住民など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

PHOTO:くろうさぎ様 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す