佐伯市立西浦小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1873年に創立した佐伯市立西浦小学校(大分県佐伯市蒲江大字西野浦624)は、144年の歴史を誇る由緒ある小学校でしたが、近年の人口減少に伴い児童数が大幅に激減しました。このことから、西浦小学校もついに閉校しました。

美しい海や山に囲まれた西浦小学校。児童全員が一輪車に乗ることが出来るなど、自然の中でのびのびと育っていました。中でも地域住民とのふれあいを積極的に行っており、蒲江の漁協青年部の皆さんと一緒にブリ・ヒラメの料理体験を行うなど、蒲江だからこそ出来る体験ができた学校であったようです。

閉校後は、近隣地域の蒲江小学校・河内小学校・西浦小学校・楠本小学校・上入津小学校)が統合して、次年度から新しく「蒲江翔南小学校」が開校します。「蒲江翔南中学校」と合わせて、佐伯市内では 初となる施設一体型の小中一貫校「蒲江翔南学園」の歴史が始まります。

(2019年2月執筆)

 

VIDEO : n-nobu215 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す