Final 2029年秋頃か 記事函館本線 余市駅 鉄道駅として廃駅のイメージ画像 History 127年

函館本線 余市駅 鉄道駅として廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道函館本線の余市駅(北海道余市郡余市町黒川町5丁目43番地7)が鉄道駅としての歴史の幕を下ろします。北海道新幹線の札幌延伸(2030年度予定)に伴い、JR北海道から経営分離される函館線は並行在来線としてその処遇が協議されてきました。そして7つの関係自治体がバス転換を受け入れたとの正式発表がありました。この決定により函館本線の部分廃線(長万部駅~余市駅)は先立って確定していましたが、小樽―余市間の扱いが注目されていました。そして正式に小樽―余市間のバス転換の合意がなされました。この区間に存在する余市駅は鉄道駅としての歴史の幕を下ろすことになります。まだ未確定ではありますが、廃駅は2029年秋頃が目途になりそうです。

余市駅は、1902年に北海道鉄道の一般駅として開業。ここが当駅の鉄道駅としての起源となります。開業後は地域の交通の要所として活躍。国有鉄道への移管・函館本線への所属・余市臨港軌道開通/廃止・国鉄所属・貨物/荷物取扱い廃止・JR北海道への所属などの歴史を繋ぎます。

単式・島式ホーム混合の2面3線を擁する地上駅で、函館本線の通称「山線」区間内で小樽駅に次いで利用者数が多い地域の経済活動の中心となる駅です。

「私は大の鉄道ファン。歴史と物語に満ちた山線が大好きです。ニッカウヰスキーのふるさとでもあり、ウィスキー愛好家の私にとっては特別な場所です。余市駅周辺には活気があり、地域の中心の役割を担います。できればこの小樽駅と余市駅の区間の鉄路は残して欲しかったです。残りの期間可能な限り利用しますからね。」

札幌市在住のビジネスマン様の言葉です。ご興味のある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2022年3月執筆)

 

余市駅

地域の中心ともいえる駅舎です。

 

余市駅

見慣れている景色は永遠のものではありません。

 

余市駅

地域に尽くした120余年。その美しい歴史の最終コーナーを回りました。

PHOTO:PIXTA

 

ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏。余市駅はゆかりの地でもあります。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す