記事出島橋のイメージ画像

出島橋

  • 建物・施設

出島橋は、長崎県長崎市の出島跡の東端に架かる橋です。橋長36mのプラットトラス形式の単桁橋で、1890年に中島川の河口に「新川口橋」として架設されました。鉄材はアメリカから輸入され、岡実康氏が設計しました。1910年に老朽化した旧出島橋の代わりに現在地に移設されて「出島橋」と改称されました。その後、何度かの改修を経ますが基本構造は当時のまま現存します。

出島橋は、明治時代の近代的な技術を駆使して造られた橋であり、当時の長崎の港湾開発の様子を知る貴重な産業史跡の一つ。また、出島の歴史と共に歩んできた橋としても知られ、その歴史的な価値は高く評価されています。長崎市の重要文化財や土木学会の選奨土木遺産等に指定されています。

ご興味のある方は是非一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。歴史ロマン溢れる出島がきっとあなたを暖かく迎えてくれるはずです。

PHOTO:写真AC

映画「赤い糸」。当地の美しい景色も楽しめる映画です。

赤い糸

この機にご覧になってみてはいかがでしょうか?

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す