川崎市役所 本庁舎 解体/取壊

  • 建物・施設

川崎市役所の本庁舎(川崎市川崎区宮本町1)が78年の歴史に幕を下ろします。本庁舎が完成したのは昭和13年。川崎市のアイコンとしてに親しまれてきた建物であり、時計塔がシンボルとなっています。昭和20年には川崎市は大空襲に襲われましたが、無事にこの建物は残りました。設計は教会建築で有名な元田稔氏です。全国各地に元田氏設計の教会は残っておりますが、ここもその一つです。残念ながら建物は取壊しということになりましたが、現庁舎の趣を残した建物に生まれ変わるようです。(2016年10月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す