記事東急池上線 池上駅 建替のイメージ画像

東急池上線 池上駅 建替

  • 乗り物
  • 建物・施設

1922年(大正11年)に池上電気鉄道、現在の東京急行電鉄が、池上駅から蒲田駅間に開業した時に誕生。池上本門寺への参拝客のための鉄道として運営され、多くの参拝客が使っています。改札を通った利用客が上り線ホームに行くためには、駅構内の踏切を渡る必要があり、安全性確保の上でもこの踏切の廃止が求められてきていました。新しい駅舎内に線路はなくなり、5階建ての駅ビルとあわせたものになります。駅全体の再開発計画に伴う建替えで、2020年のリニューアルオープンを予定しています。池上本門寺や門前町ならではの歴史性を感じられる外観に、ビル内には地域で求められている、保育園や公共施設などの導入も検討されています。新しい池上駅の誕生が楽しみです。

(2018年8月執筆)

 

PHOTO:PIXTA

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す